レーザー脱毛

レーザー脱毛の方法と効果

レーザー脱毛は、医療用のレーザー機器を使う脱毛で、美容クリニックなどの医療資格を持っている人のいるところで行われています。

その方法は、脱毛したい部位を毛根部分だけ残して剃っておいて、そこへレーザー光を照射します。

そうしますと、毛根部分のメラニン色素にレーザー光があたって発熱します。

この熱で毛根とその周りにある毛の成長に関係している細胞にダメージを与えます。

レーザー脱毛で使われる機器は、高いエネルギーのレーザーを照射できますので、細胞のダメージも大きく、満足できる脱毛効果が得られます。

ただ、効果があるのは成長期にある毛だけですから、毛が生え変わるタイミングで何回か施術を繰り返します。

1回の施術は、部位の広さにもよりますが、時間にして数十分です。

そして、このような施術は、脱毛部位の毛の生え変わりの周期(毛周期)や照射するレーザーの強さによりますが、一般的には1、2年の間に6回から10回程度行います。

レーザー脱毛は、近年のレーザー技術の進歩によって開発された比較的新しい施術方法です。

そのため、以前から行われていた針を使った施術方法より歴史が浅く、その効果が(10年単位で)どのくらい長く続くのか実証されていません。

ただし、レーザー脱毛が行われはじめた初期の頃に施術した人の経験によれば、以前の針を使った施術と変わりない効果があるという報告があります。

このため、今のレーザー脱毛の効果は、半永久的で、所謂永久脱毛が可能だと信じられています。