レーザー脱毛

永久的な脱毛は医療行為が可能な病院のみで行えます

永久脱毛は脱毛した部位から毛が生えて来ないようにするための脱毛であり、脱毛サロンなどで行われている特殊な光を使ったフラッシュ脱毛などの場合は、毛を生やし難くさせる効果は在っても、再び毛が生えて来るため、永久脱毛と言った宣伝を行う事が禁じられていると言います。

また、永久脱毛が可能になるのはクリニックなどの病院で行われている医療レザーを利用したレーザー脱毛や、絶縁針を使って毛穴の奥に在る毛母細胞と言った発毛組織を破壊する事が出来る電気脱毛のみであり、医療行為が禁じられている脱毛サロンではこれらの医療機器を利用できません。

医療レーザー脱毛はレーザーの出力が高いため、医療行為が可能な施設のみで使用が認められており、レーザーの光は黒いメラニン色素に強く反応をするため、毛穴の奥に在る毛母細胞組織に光を集め、そこで熱エネルギーに変換させて細胞を破壊することが出来ます。

尚、医療レーザー脱毛で永久脱毛が可能になるのは毛周期の中でも成長期の毛のみとなります。